トップへ » 延島ひろみ先生について » 目立ちにくい装置

目立ちにくい矯正

「矯正の装置(ブラケット)は、ギラギラしていて目立つから抵抗がある」という方も多いと思いますが、目立ってしまうのは、装置に金属を使用している場合です。当医院では、金属製の装置は一切用いず、透明の装置のみを採用しています。

目立たない装置、「透明ブラケット」とは?目立ちにくい矯正
透明ブラケットは、メタルブラケットと異なり、歯の色にとても近い色をしていますので、装置が目立つのを気にされる方に適しています。メタルブラケットに比べると、費用は少々高めになりますが、治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

透明ブラケットのメリット
・メタルの装置に比べて装置が目立ちません。
・金属アレルギーの方でも治療が可能です。

透明ブラケットのデメリット
・メタルの装置に比べてハイブリッドプラスチックブラケットはすり減りやすいので場合によっては装置を一部付け替えをする必要があります。
・メタルの装置に比べてセラミックブラケットは装置を外す時に少し痛みを感じやすいです。

矯正装置の製作や修理も院内で行えます!
当医院には専属の歯科技工士が在籍していますので、矯正装置に不具合が生じた場合でも、速やかな修復が可能です。

目立ちにくい矯正院内に歯科技工士がいない医院の場合、緊急の場合は一旦装置を外して型採りをし直し、後日、外部の技工所に装置の修復や製作を依頼することになります。そのため、外部の技工所から装置が上がってくるまでの期間は、治療期間の「ロス」になってしまいます。

当医院では、矯正装置の作製をする歯科技工士が直接、患者さんのお口を見て、状態を把握することも可能です。それが、最適な装置を製作することにつながり、完成度が高まります。

外から見えない裏側矯正

外から見えない裏側矯正通常のブラケットは歯の表側に装着しますが、最近では、装置を歯の裏側につけることで、外から見ても分からない状態で歯並びを治すことが可能となっています。

ただし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者さんの歯列の状態やご希望によって使い分けています。

裏側矯正のメリット
・前から装置が見えない
・症例によっては、早く治療が終了がするケースもある

裏側矯正のデメリット
・使用し始め時には強い違和感がある
・表と裏ではコントロール性に若干の違いがあるため、治療期間がかかることが多い
・費用が割高
・裏側の歯みがきがしづらい

取り外しができる透明の装置・マウスピース矯正

取り外しができる透明の装置・マウスピース矯正「ワイヤーやブラケットをつける矯正には抵抗がある」
「仕事の都合上、矯正装置がつけられない」

こんな悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。見た目だけの問題であれば、裏側に装置をつける方法もありますが、装置の違和感や話しづらさなどがネックになる場合には、ワイヤーやブラケットを使わない、いわゆるマウスピース矯正がお勧めです。

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着し、マウスピースの形を少しずつ変化させていくことによって、歯を正しい位置に動かしていく矯正法。ワイヤーやブラケットを使わないので、見た目や違和感などの問題を解決できます。

マウスピース矯正のメリット
・目立たない
・取り外しができる
・違和感が少ない
・痛みが少ない
・金属アレルギーの心配がない

マウスピース矯正のデメリット
・簡単に外せることで治療が進まない可能性も
・適応症が限られる場合が多い


トップへ » 延島ひろみ先生について » 目立ちにくい装置


PAGE TOP