トップへ » 延島ひろみ先生について » スピーディーで効率の良い治療

治療期間について

治療期間について

「治療期間は一日でも短く、早く終えたい」というのが、すべての患者さんの希望であると思います。そのために私ができることは、「患者さんの口の中をしっかりと見た上で診断と治療すること」に尽きると考えています。

万が一、計画通り動かない場合でも、シッカリと軌道修正をします
まずは、しっかりとした治療計画を立て、その計画に沿って確実に治療を進めていくこと。さらには、計画や治療の進み具合がずれたときには、計画を見直す「リカバリー力(りょく)」が重要になりますので、ある程度治療が進んだら資料チェックを行い、その時点での状況にあった治療をしていきます。

必要であれば、ワイヤーやブラケットを作り変えることも視野に入れています。また、私が不在のときでも、他のドクターがリカバリーできるよう、常にスタッフ全員で症例の確認を行っています。

矯正歯科の流れ

矯正歯科の流れSTEP1/矯正相談
まず、患者さんのお口の中を見せていただき、歯並びや噛み合わせの問題点をチェックします。その後、治療に関する希望をお聞きしたうえで、それぞれの症例に応じて、選択できる治療方法についてご説明します。

次へ

STEP2/基本検査
歯型の採得、歯列及び頭部のレントゲン撮影、口腔内及び顔面の写真撮影などを行い、これらの資料を分析します。

次へ

STEP3/診断説明
検査結果をもとに、患者さんに適する矯正歯科治療計画の詳細や治療費などについて、詳しくご説明します。治療方法や装置のメリットやデメリット、治療期間や費用の違いなど、不明点や疑問点がありましたら、納得できるまで、どんなことでもお尋ねください。

次へ

STEP4/治療開始の準備
口腔内の清掃をするとともに、正しい歯磨きの指導をします。矯正装置をつけていると、食べものや歯垢が付着しやすくなりますので、矯正中の歯ブラシ指導に従って歯みがきを行っていただきます。また、矯正歯科治療開始前に、虫歯や歯周疾患の治療や抜歯などが必要な場合には、一般歯科治療を行っている歯科医院などにご紹介します。

次へ

STEP5/治療開始
矯正歯科治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。矯正装置を装着している間(動的治療期間)は、通常1~2ヵ月に1度のペースで通院していただき、矯正装置の調節を行います。

治療の段階や方法によって通院頻度は異なりますが、いずれの場合でも、治療の進行が遅れないようにきちんとスケジュールを確認して通院しましょう。

次へ

STEP6/治療後のメインテナンス(静的治療/保定)
矯正装置が取れた後の歯は、何もしないと少しずつ動いてしまいます。きれいな歯並びをその位置に留めておくための保定装置(リテーナー)を装着していただき、3~6ヵ月ごとにチェックします。2年程度の経過観察を行い、問題なければ治療終了となります。


トップへ » 延島ひろみ先生について » スピーディーで効率の良い治療


PAGE TOP