トップへ » 延島ひろみ先生について » できるだけ抜歯をしない

できるだけ歯を抜かない矯正歯科治療を目指します

当医院では、できるだけ抜歯をしない矯正歯科治療を行っています。お子さまの場合には、少しでも早くから矯正歯科治療を行うことで、抜歯の可能性は少なくなります。第一期治療の目的は、「永久歯がきれいに並ぶ土台」をしっかり作る事です。

できるだけ歯を抜かない矯正歯科治療を目指します

また、第一期治療時には舌で歯を押しやってしまったり、舌が良い噛み合わせを妨げたりといった悪習癖を直すことも重要です。そういった癖を直すトレーニングをすることで、骨格の正常な成長を促し、美しさを長く保つことにもつながります。

大人の方の場合でも、歯科矯正用アンカースクリューを採用することで、抜歯を回避できる確率が高くなります。当医院では、約6割ぐらい方の治療を非抜歯で対応できています。

抜歯の可能性が低くなる?歯科矯正用アンカースクリューとは?インプラント矯正とは?
歯科矯正用アンカースクリューは、負担が少ない矯正として近年注目されている治療方法です。

小さなスクリュー(アンカー)を歯ぐきに埋入し、これを土台として歯を引っ張ることで、今までは抜歯となっていた症例も、抜歯をせずとも治療ができるようになりました。さらには、難しい治療の治療期間の短縮も可能にした画期的な治療法です。

歯ぐきに入れるスクリューは、直径1.6~2.0mmの小さなピンのようなもの。麻酔を使用して埋入するので、痛みはほとんどありません。動かしたい方向に、効率よく動かすことができるのが特徴です。

歯科矯正用アンカースクリューの特徴
・非抜歯で治療ができるケースも多い
・より精度の高い治療結果が期待できます
・難しい不正咬合(良くない噛み合わせ)の治療も可能
・痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます
・治療期間が短縮されます

しかしながら、場合によっては抜歯が必要となる場合も

当医院の基本方針は、できるだけ歯を抜かない矯正歯科治療です。歯を抜かずに済む治療方法を探りながら治療計画を立てていきます。

とはいえ、すべてが非抜歯とは限らず、場合によっては抜歯が必要ということもあります。抜く・抜かないは、あくまでも手段にしかすぎません。まずは、患者さんの歯の状態を調べた上で判断しますので、お気軽にご相談ください。


トップへ » 延島ひろみ先生について » できるだけ抜歯をしない


PAGE TOP