トップへ » 延島ひろみ先生について » 矯正歯科治療中の虫歯予防

さまざまな予防プログラムでサポート

「矯正中は虫歯になりやすい」―そんな話を聞いたことはありませんか?実際、矯正中はブラッシングが行き届かず、虫歯になってしまう方がいます。また、虫歯の進行状況によっては、矯正歯科治療を中断せざるを得ないケースもあります。

さまざまな予防プログラムでサポート

そこで当医院では、患者さんに合った予防プログラムを作成。治療中の虫歯を予防すべく、さまざまなサポートをおこなっています。そうしたスタッフがチームとなり、虫歯・歯周病からあなたを守ります。

徹底したブラッシング指導

まずは、矯正装置を装着する前に、きちんと歯が磨けているかどうかをチェックします。そして、歯みがきが不十分な方にはブラッシング指導を受けていただき、しっかり磨けるようになってから矯正歯科治療をスタートします。

徹底したブラッシング指導通院の度に、ご自宅で使っている歯ブラシをお持ちいただいて、歯ブラシの当て方や動かし方をトレーニングしていただくのですが、大人の方でも、この期間に半年ぐらいをかけていただく場合もあります。それほどに重要なステップであることを、ご理解いただきたいと思います。

お子さまの歯みがきにはご家庭の協力も必要です
さらには、患者さんごとに歯肉やプラークの付き方をチェックし、コメントを入れたチェック表をお渡ししています。患者さんがお子さまで、良くない状況が何回か続いた場合には親御さんに連絡し、ご家庭での協力も仰いでいます。

ご家庭からの返信コメントには、「子供が自分の歯を大切にできるようになった」と書かれていることもあり、嬉しく思っています。

フッ素の力も借りて徹底的に虫歯を予防
また、どんなに丁寧に磨いても、虫歯になる可能性をゼロにするのは難しいため、矯正装置を装着する際には、歯にフッ素を塗布します。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 矯正歯科治療中の虫歯予防


PAGE TOP