トップへ » 延島ひろみ先生について » 成人の矯正歯科治療について

矯正歯科治療は、年齢を問わず治療できます

年齢を問わず治療できます 「矯正歯科治療は子供の頃にするもの」と思われがちですが、実際には、歯を支える歯槽骨が健康であれば、年齢は関係ありません。確かに、成長期に比べれば歯の移動速度はゆっくりかもしれませんが、あごの成長が完了している分、治療計画が立てやすいというメリットもあります。

当医院の患者さんは、6割ぐらいが成人の方で、30代、40代、50代の方も治療を始めています。ビジネスの場面でも、歯並びの良し悪しが相手に与える印象を左右する可能性がありますので、男女の区別も、年齢の差異も関係なく、人生に有益な治療といえるのです。

身も心も美しくなる有益な歯科治療
矯正歯科治療を受けると、歯並びのコンプレックスが解消されるだけではなく、歯並びや噛み合わせが整い、笑顔がグッと華やかになります。また、鼻とあごの先端を結んだラインも整って、横顔も美しくなります。さらには、輪郭がスッキリすることから、小顔効果もあるといわれています。

逆に、歯並びが悪いとプラークコントロールが難しくなるため、虫歯や歯周病になる可能性が格段と高まります。矯正歯科治療には、審美的な効果はもちろん、噛み合わせを良くすることによって、自分の歯を長持ちさせる効果なども含めて、とても多くの利点があるのです。

結婚式をとびきりの笑顔で!

結婚式をとびきりの笑顔で!【ブライダル矯正歯科】歯並びの目立つ部分を優先的に整える短期矯正プログラムをご用意しております。結婚式など、大切なイベントや行事がある日を目標に、まずは目立つ前歯の部分などを優先して整えます。そして、当日には装置を一時的に外します。

予定日まで数カ月あれば、十分に印象を変えることができます。結婚式にはとびきりの笑顔で臨みたいけど時間がない、という方におすすめです。

転勤や引越しても治療が続けられます

転勤や引越しても治療が続けられます当医院は全国にネットワークがある日本臨床矯正歯科医会に所属しています。

そのため、もしも治療の途中で県内県下を離れることがあっても、信頼のおける矯正歯科医にきちんと治療を引き継いで継続することが可能です。

詳しくは、日本臨床矯正歯科医会のウェブサイトをご覧ください。

その他、大人の矯正についてのQ&A

Q.大人の矯正歯科治療についての利点はなんですか?
A.大人の矯正歯科治療にもメリットとデメリットがあります。メリットとしては、本人の治療に対する意欲と協力度が高いので円滑に治療を進められること。それによって、お子さんの場合より治療期間が短いことが挙げられます。

デメリットは、「病気や歯の喪失、歯周病などによる制限があること」「歯の動きが子どもより遅いケースがあること」「歯を動かすために抜歯が必要となるケースが多いこと」などです。

Q.目立たない矯正装置もありますか?
A.社会人の方は特に、「矯正装置が目立つのが困る」という方も多いものです。当医院では目立ちにくい半透明の矯正装置の採用や、歯の裏側からの矯正などで対応していますので、ぜひご相談ください。

装置について詳しく知る

Q矯正歯科治療中に、妊娠しても大丈夫ですか?
A.矯正は、比較的長い期間にわたる治療ですので、特に女性の場合、妊娠や出産などによってライフスタイルが大きく変化することもあると思います。妊婦さんの場合、レントゲン写真を撮ることは避けておりますが、矯正歯科治療そのものには問題はありませんので、ご安心ください。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 成人の矯正歯科治療について


PAGE TOP