トップへ » 延島ひろみ先生について » 子供の矯正歯科治療について

治療開始に最適な時期は症状によって異なります

治療開始に最適な時期は症状によって異なります お子さまの矯正歯科治療は、乳歯列期から始めることもありますが、一般的な開始時期は、前歯が永久歯に生えかわる7〜9才頃です。受け口や出っ歯などの噛み合わせの異常は、この時期以降になると、自然に治ることはほとんどなく、むしろ顕著になってくるからです。

また、この時期には、これから生えてくる永久歯の大きさが予測できるので、これ以降に起こり得る歯並びの問題の程度も分かってきます。ただし、「治療開始に最適な時期」は、症状によって異なりますので、お子さまの噛み合わせや歯並びの悪さが気になったら、少しでも早くご相談ください。

子どもの矯正のメリットとデメリット
矯正歯科治療は、お子さまの生活や行動にも多少の影響を与えるものですので、メリット・デメリットを踏まえて、お子さま自身の意向も聞いて、じっくり話し合ってください。ご相談にはいつでも応じさせていただきます。

<子どもの矯正歯科治療のメリット>
・あごの成長を利用して、その位置や大きさを治すことができる
・永久歯への生えかわりを利用できる
・奥歯を後ろに動かして歯が生えるスペースを作ることができる
・いろいろな種類の装置が利用できる
・装置を使う時間が確保しやすい
・永久歯を抜歯する必要性を少なくすることができる
・悪習癖を取り除く事により、正しい方向への成長を促すことができる
・下顎のアンロックをする事により、正しい方向への成長を促すことができる

<子どもの矯正歯科治療のデメリット>
・治療を受ける本人の自覚が低い場合がある
・中学生以降まで続く可能性があり、治療期間が長くなる

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できます

よく使われるマルチブラケット装置とは別に、あごの成長を利用して、その位置や大きさを治すための装置、そして数本の歯を動かすための簡単な装置などがあります。

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できますバイオネーター
主に下顎の成長を前方あるいは後方に誘導する目的の矯正装置で、下顎と上顎の噛み合わせをよくし、出っ歯や受け口や過蓋咬合を改善します。この装置は下顎を正しい位置に誘導するために、噛み合わせたときに下顎が適正に成長するように作られています。

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できますフェイシャルマスク
上顎の成長が悪く、下顎の成長が旺盛なために受け口になっているケースでは、フェイシャルマスクを使用して矯正歯科治療を行います。おでこと下顎の間についている金具に、上顎を前方に引っ張り、下顎を後方に抑えるためのゴムを取り付けます。

これにより、受け口を改善します。取外しが簡単に行え、通常、就寝時か自宅内で使用します。

矯正歯科治療中のスポーツや楽器演奏の注意点

矯正中のスポーツや楽器演奏の注意点ある程度のスポーツや楽器の演奏はできますが、注意が必要な場合があります。

例えば、トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、歯の表側に矯正装置が着いていると唇が当たって痛むことがあります。

神経質な方は取り外し式のマウスピース矯正を付けることもある。付けるだけ付けてみて、状況を見て判断をすることも多い。

スポーツでは、口元に相手の腕や足が当たる可能性の高い、格闘技やラグビー、アメリカンフットボールといった種目には注意が必要です。こうした場合は、装置をガードする歯科用マウスピースを使って対応することができますので、治療前にご相談ください。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 子供の矯正歯科治療について


PAGE TOP