トップへ » 延島ひろみ先生について » 埼玉で歴史ある矯正歯科 » 延島三男会長による延島歯科の開設

延島三男会長による延島歯科の開設

延島三男会長による延島歯科の開設

昭和43年、開院
当医院は昭和43年(1968年)、6月4日(虫歯予防デー)に、現会長の延島三男が院長として開院しました。当時はまだ、「矯正歯科」という標榜は厚生省で認められておらず、看板には「延島歯科」として、その脇に小さく「延島矯正歯列研究所」と記載しての始まりでした。

当時、矯正歯科専門医院は、全国でも10件程度しかありませんでした
矯正歯科専門治療を行う歯科医院は、全国でも10件程度しかありませんでした。診療室を2つに分け、1室では東京歯科大学補綴学講座の腰原 好講師(当時。後に名誉教授)を筆頭とする医局員が一般治療を、もう1室では現会長が矯正歯科専門治療を行いました。

会長の延島三男は、東京歯科大学で歯科矯正学の歯学博士号を取得。矯正歯科専門で診療することに信念を持ち、矯正歯科治療を一般に広めていくことに力を注いだのです。

「日本に矯正歯科治療を普及させたい」という思い
実は当時、歯科大学を卒業すれば、口腔外科か保存科か補綴科に残るのが一般的でした。しかし、まだまだ少数派の矯正歯科に注目し、日本に普及させたく歯科矯正学講座に入局しました。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 埼玉で歴史ある矯正歯科 » 延島三男会長による延島歯科の開設


PAGE TOP