トップへ » 延島ひろみ先生について » 目立ちにくい装置 » 外から見えない裏側矯正

外から見えない裏側矯正

外から見えない裏側矯正通常のブラケットは歯の表側に装着しますが、最近では、装置を歯の裏側につけることで、外から見ても分からない状態で歯並びを治すことが可能となっています。

ただし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者さんの歯列の状態やご希望によって使い分けています。

裏側矯正のメリット
・前から装置が見えない
・症例によっては、早く治療が終了がするケースもある

裏側矯正のデメリット
・使用し始め時には強い違和感がある
・表と裏ではコントロール性に若干の違いがあるため、治療期間がかかることが多い
・費用が割高
・裏側の歯みがきがしづらい


トップへ » 延島ひろみ先生について » 目立ちにくい装置 » 外から見えない裏側矯正


PAGE TOP