トップへ » 延島ひろみ先生について » スピーディーで効率の良い治療 » 治療期間について

治療期間について

治療期間について

「治療期間は一日でも短く、早く終えたい」というのが、すべての患者さんの希望であると思います。そのために私ができることは、「患者さんの口の中をしっかりと見た上で診断と治療すること」に尽きると考えています。

万が一、計画通り動かない場合でも、シッカリと軌道修正をします
まずは、しっかりとした治療計画を立て、その計画に沿って確実に治療を進めていくこと。さらには、計画や治療の進み具合がずれたときには、計画を見直す「リカバリー力(りょく)」が重要になりますので、ある程度治療が進んだら資料チェックを行い、その時点での状況にあった治療をしていきます。

必要であれば、ワイヤーやブラケットを作り変えることも視野に入れています。また、私が不在のときでも、他のドクターがリカバリーできるよう、常にスタッフ全員で症例の確認を行っています。


トップへ » 延島ひろみ先生について » スピーディーで効率の良い治療 » 治療期間について


PAGE TOP