トップへ » 延島ひろみ先生について » できるだけ抜歯をしない » しかしながら、場合によっては抜歯が必要となる場合も

しかしながら、場合によっては抜歯が必要となる場合も

当医院の基本方針は、できるだけ歯を抜かない矯正歯科治療です。歯を抜かずに済む治療方法を探りながら治療計画を立てていきます。

とはいえ、すべてが非抜歯とは限らず、場合によっては抜歯が必要ということもあります。抜く・抜かないは、あくまでも手段にしかすぎません。まずは、患者さんの歯の状態を調べた上で判断しますので、お気軽にご相談ください。


トップへ » 延島ひろみ先生について » できるだけ抜歯をしない » しかしながら、場合によっては抜歯が必要となる場合も


PAGE TOP