トップへ » 延島ひろみ先生について » 子供の矯正歯科治療について » 子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できます

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できます

よく使われるマルチブラケット装置とは別に、あごの成長を利用して、その位置や大きさを治すための装置、そして数本の歯を動かすための簡単な装置などがあります。

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できますバイオネーター
主に下顎の成長を前方あるいは後方に誘導する目的の矯正装置で、下顎と上顎の噛み合わせをよくし、出っ歯や受け口や過蓋咬合を改善します。この装置は下顎を正しい位置に誘導するために、噛み合わせたときに下顎が適正に成長するように作られています。

子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できますフェイシャルマスク
上顎の成長が悪く、下顎の成長が旺盛なために受け口になっているケースでは、フェイシャルマスクを使用して矯正歯科治療を行います。おでこと下顎の間についている金具に、上顎を前方に引っ張り、下顎を後方に抑えるためのゴムを取り付けます。

これにより、受け口を改善します。取外しが簡単に行え、通常、就寝時か自宅内で使用します。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 子供の矯正歯科治療について » 子どもの矯正には、さまざまな装置が利用できます


PAGE TOP