トップへ » 延島ひろみ先生について » 【院長の技術力】権威ある日本矯正歯科学会の専門医資格と実績

【院長の技術力】権威ある日本矯正歯科学会の専門医資格と実績

【院長の技術力】権威ある日本矯正歯科学会の専門医資格と実績矯正歯科は、一般的な虫歯や歯周病の治療と比較して、専門性の高い治療です。法的には、免許を持つ歯科医師であれば、誰もが行えるとされていますが、医療にも脳外科や内科などの専門分野があるように、矯正歯科は矯正を専門とする歯科医師に相談することをお勧めします。

その理由は、患者さんが抱えているさまざまな問題点を踏まえて、美しく整った歯並びとバランスの取れた噛み合わせをつくるためには、豊富な実績と専門的な技術と知識が求められるからです。

矯正歯科を専門とする「矯正専門医」とは?
矯正歯科治療を専門とする歯科医師になるためには、歯科医の国家資格取得後、さらに大学医局などで技術・知識を習得する必要があります。そうして腕を磨いたのちに、はれて「矯正専門医」と名乗ることができるのです。

ちなみに、矯正専門医は、虫歯治療や歯周病治療などは行わず、矯正歯科治療に徹するケースがほとんどです。虫歯や歯周病の治療が必要な場合には、提携している一般歯科医院などを紹介することで、治療に時間のかかる矯正に徹するのです。

ちなみに、提携している医院の一つである、四谷歯科医院は私の実妹が院長を務める歯科医院。そのため医院同士の連携もバッチリです。

日本矯正歯科学会の「専門医」とは?
日本には数多くの歯科矯正の学会がありますが、その中で最も権威ある学会が「日本矯正歯科学会」です。日本矯正歯科学会では、所属している全国の矯正専門医に対して、「認定医」「指導医」「専門医」といった資格を与えています。

これらの中で最も取得が難しいのが「専門医」という資格ですが、当医院の院長は、日本矯正歯科学会の「専門医」資格を持ち、2500を超える症例を実績としています。つまり、「専門医の中の専門医」、「矯正歯科治療のスペシャリスト」ですので、どんなお悩みでも安心してご相談ください。

こうしたこともあってか当医院には、同じ歯科医師の方、歯科技工士さん、歯科衛生士さんなど、医療従事者の方も数多くいらっしゃっています。同じ歯科医の先生から、「自分の矯正歯科治療をお願いしたい」「自分の家族の治療をお願いできないか」と言われ、治療を行うことも少なくありませんね(笑)。患者さんはもちろん、厳しい目を持った方たちにも信頼されていると思うと、本当に嬉しくなります。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 【院長の技術力】権威ある日本矯正歯科学会の専門医資格と実績


PAGE TOP