トップへ » 延島ひろみ先生について » 難症例にも妥協せずに取り組みます

難症例にも妥協せずに取り組みます

難症例にも妥協せずに取り組みます治療に関しては、難症例にもしっかりと向き合い、「ここで辞めましょう」といった妥協はせず、とことん付き合う気持ちで進めています。

時間のかかる治療に、途中で患者さんの気持ちが揺らぐこともありますが、いろいろお話していると、「それでも治したい。諦めたくない」というのが本音だと分かりますので、ゆっくりと時間をかけて、「患者さんの生き方そのもの」にも寄り添っていく気持ちで対応しています。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 難症例にも妥協せずに取り組みます


PAGE TOP