トップへ » 延島ひろみ先生について » 同じ女性だからこそ分かることがあります

同じ女性だからこそ分かることがあります

女性だからこそ分かることがあります

「人に歯を見られたくない」「食事の際にしっかり噛むことができない」など、歯並びのことで悩んでいる方はいませんか?

のぶしま矯正歯科は、昭和43年(1968年)6月4日(むしば予防デー)に、現会長の延島三男が院長として開院した埼玉県でもっとも歴史のある矯正歯科専門の歯科医院です。その後、2008年6月、私、延島ひろみが理事長兼院長に就任。埼玉県内ほか首都圏、神奈川等近県からも多くの患者さんが通院されている矯正歯科専門の歯科医院です。

女性だからこそ分かることがあります
私が女性であることから、女性の患者さんが「気楽に、いろいろなことを相談してくださる」ように感じています。「歯並びが変わると唇の形も変わるの?」といった細かい質問やアドバイスなども、同じ女性だから聞きやすい・話しやすいという面が大きいのではないでしょうか。

また同じ女性だからわかるのですが、女性特有の感覚というのもあるように感じられます。患者さんの微妙なニュアンスを肌で感じ取り、患者さんへの理解を深めながら、お悩みを解決できればと思っています。

また「患者さんに気持よく過ごしていただく」ために細かな気遣いを大切にしています。まずは私自身が見本となれるように留意し、スタッフにも気を付けてもらえるように伝えています。


トップへ » 延島ひろみ先生について » 同じ女性だからこそ分かることがあります


PAGE TOP