«  2017年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月28日

今回のブログのテーマは「のぶしまスタッフの夏休み写真展」です。

台湾かき氷
IMG_1602.JPG

台湾人気イラスト作家   
IMG_1603.JPG

軽井沢72NECレディースゴルフ大会  
IMG_1604.JPG

白糸の滝   
IMG_1628.JPG

IMG_1629.JPG

矢ケ崎公園花火大会
FullSizeRender.jpg

みなさまは、どんな夏休みを過ごされましたでしょうか?

2017年7月19日

こんにちは、院長の延島ひろみです。

7月13日木曜日、川口市民ホールにて開催された、第11回蕨戸田整形外科勉強会 第10回M&D研究会合同開催の勉強会に出席して参りました。

特別講演「骨粗鬆症患者における顎骨壊死対策とポジションペーパー2016の理解」と言うテーマで松本歯科大学 歯科放射線学講座教授 田口明先生のご講演、次に「歯科口腔外科臨床からみた薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)について」川口市医療センター 歯科口腔外科部長 原彰先生のご講演を拝聴させて頂きました。

その後医科、歯科の立場からの質疑応答やディスカッションがありました。
医科の先生との合同勉強会はそれぞれの立場から忌憚ない意見交換ができ非常に有益で勉強になりました。
次回のM&D研究会も楽しみです。

2017年7月10日

こんにちは。技工士の田中です。

7月6日、宇都宮で開催されました、保田好秀先生の「スケルトンタイプの拡大装置を用いた矯正治療セミナー」を受講して参りました。

保田先生のお話は、とても分かりやすく、鼻呼吸や舌の位置の重要性、なぜ口呼吸だと歯並びに悪影響をもたらしてしまうのかなど、不正咬合の原因を細かく説明して下さいました。

そして、固定式の装置がセットされてからの治療の流れ、顎や歯がどのように広がり動いていくのかがよく分かりました。

たくさんの治療前、治療後の症例の写真も見ることができ、技工士としてもとても勉強になりました。

今回のセミナーで学んだことを、技工面で役立て、装置作りをしていきたいと思います。

2017年7月 5日

こんにちは、院長の延島ひろみです。

9th WIOC (World Implant Orthodontic Conference 2017)in Kobeが7月2日〜4日、神戸国際会議場で開催され私含め当医院の歯科医師、大沼先生と斉藤先生とで出席してまいりました。

歯科矯正用アンカースクリューの世界会議で著名な矯正歯科医が集結されました。
期間中5つのホールで多数のご講演者のお話を拝聴する事ができました。
歯科矯正用アンカースクリューは臨床において矯正歯科治療の固定源として使われています。
国内外のご講演者の様々なお話がとても刺激的でした。今後の矯正歯科臨床に活かしていきたいと思います。

写真は会場入り口及び講演風景です。

IMG_0520.JPG

IMG_0519.JPGのサムネール画像

2017年6月26日

こんにちは、歯科衛生士の常吉です。
のぶしまで働き始めてから毎年の恒例行事となりつつある日本矯正歯科医会例会参加、毎
年全国いろんな都市で開催されるこの例会ですが、今年は大阪に行って参りました。
毎回この例会のスタッフセミナーは興味深い内容の事が多く、個人的にとても楽しみにしております。

今回は、歯科医師でありながら弁護士でもある先生の「歯科医院に関わる法律の話」、会
社を経営されている歯科衛生士さんの「歯科医院のスタッフ同士の関わり方についての話
」、下野 正基先生(東京歯科大学名誉教授)の「矯正に関わる歯肉の話」の3つの講演を聞くことができました。

どの講演もとても勉強になったのですが、最後の下野先生のお話しは歯の移動と炎症の関係性や、炎症が治癒するまでのメカニズムなど、今の仕事に生かせるお話しが多く、特に勉強になりました。

そのお話しの中で「皮膚は一か月で新しい細胞に置き換わる。歯肉はそれが半月で置き換わり、歯と歯ぐきの境目の組織は3日前後で新しい細胞に置き換わる」というものがありました。たとえ歯肉炎が起きたとしても歯ぐきの再生は早いから悲観することはありませんよ!というお話しです。人間の体ってうまくできているものですね。

「歯ぐきが腫れる」というのは一般的に割とよくある話として重要視されていないことが
多いですが、歯と歯ぐきの境目はいわば「表面と内面の境目」であり、外から(口から)
入った毒素が、歯と歯ぐきがくっついている部分からダイレクトに体内(歯ぐきの中)に
取り込まれたことによる炎症反応だと考えると、よく考えたら怖い病気だなと思いました

今では、妊娠時の歯肉炎が早産や低体重児出産のリスクを増加させることや、歯周病に
なると心臓病や呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいこともわかってきています。

ですが、まだまだ一般的な知識としては浸透していないように思えます。ハミガキが上手にできると全身の健康にも効果があることなども、分かりやすくお伝えすることで、少しでものぶしまの皆さんの歯の健康のお手伝いができるように頑張っていきたいと思っています。

2017年6月23日

こんにちは。
受付業務をしている田辺です。
6月20日に日本電信電話ユーザー協会主催のビジネス電話応対1日講習会に
参加してまいりました。
「応対次第で」でその会社を判断されてしまう事は
わかっているつもりでも
必要以上に気を付けなければ、と改めて思いました。

2017年6月21日

日本臨床矯正歯科医会平成28年度通常総会6月例会が
今月6月7日8日大阪メルパルクホテルにて開催されました。
担当ドクターの委員会プログラムおよびスタッフプログラムが2日間通して行われ
当院からは院長と衛生士一人が参加いたしました。
写真は大会案内及びプログラム風景です。







2017年2月24日

2月22、23日千葉県成田市のホテルヒルトン成田にて
第44回日本臨床矯正歯科医会 千葉大会が開催されました。

IMG_12781.JPG

のぶしま矯正歯科では延島院長はじめドクター、スタッフ全員が参加し
それぞれの専門分野、興味のある分野での知識・情報収集に各講演会場をまわりました。

DSC_10772.JPG

また当院の衛生士がラウンドテーブルディスカッションでモデレーターを務めました。

IMG_12773.JPG

IMG_12764.JPG


2016年11月12日

11月6日より9日まで第75回日本矯正歯科学会大会が徳島市にて開催され、院長が6日の公開市民講座から出席してまいりました。

大会では矯正歯科関連のみならずノーベル物理学賞受賞の中村教授の講演も拝聴する事もでき、実り多い素晴らしい学会でした。

2016年7月 6日

2016年6月11日~16日 スウェーデンのストックホルム コンベンションホールにて
第92回ヨーロッパ矯正歯科学会大会が開催されました。

延島ひろみ院長も同大会出席のため6月11日(土)より不在としておりました。

コペンハーゲンにてSASのストライキにあい、ストックホルム行の飛行機がキャンセルになってしまい足止めになってしまいました。
13日やっとストックホルム着。

IMG_0530.JPG

のぶしま矯正歯科/理事長兼院長/延島 ひろみ
のぶしま矯正歯科
http://nob-ortho.or.jp/
理事長兼院長/延島 ひろみ
日本矯正歯科学会 理事

東京歯科大学卒業
博士(歯学) DDS, Ph.D
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会認定医

世界矯正歯科連盟(WFO)会員
アメリカ矯正歯科医会 会員
日本臨床矯正歯科医会 会員
日本成人矯正歯科学会 会員
Bioprogressive Study Club 会員
日本口蓋裂学会 会員
日本歯科審美学会 会員
東京矯正歯科学会 会員
日本歯科医師会 会員
埼玉県歯科医師会 会員
蕨戸田歯科医師会 会員
蕨市学校歯科医会 副部長
蕨市立西小学校 校医