2017年06月26日

こんにちは、歯科衛生士の常吉です。

のぶしまで働き始めてから毎年の恒例行事となりつつある日本矯正歯科医会例会参加、毎

年全国いろんな都市で開催されるこの例会ですが、今年は大阪に行って参りました。

毎回この例会のスタッフセミナーは興味深い内容の事が多く、個人的にとても楽しみにしております。

今回は、歯科医師でありながら弁護士でもある先生の「歯科医院に関わる法律の話」、会

社を経営されている歯科衛生士さんの「歯科医院のスタッフ同士の関わり方についての話

」、下野 正基先生(東京歯科大学名誉教授)の「矯正に関わる歯肉の話」の3つの講演を聞くことができました。

どの講演もとても勉強になったのですが、最後の下野先生のお話しは歯の移動と炎症の関係性や、炎症が治癒するまでのメカニズムなど、今の仕事に生かせるお話しが多く、特に勉強になりました。

そのお話しの中で「皮膚は一か月で新しい細胞に置き換わる。歯肉はそれが半月で置き換わり、歯と歯ぐきの境目の組織は3日前後で新しい細胞に置き換わる」というものがありました。たとえ歯肉炎が起きたとしても歯ぐきの再生は早いから悲観することはありませんよ!というお話しです。人間の体ってうまくできているものですね。

「歯ぐきが腫れる」というのは一般的に割とよくある話として重要視されていないことが

多いですが、歯と歯ぐきの境目はいわば「表面と内面の境目」であり、外から(口から)

入った毒素が、歯と歯ぐきがくっついている部分からダイレクトに体内(歯ぐきの中)に

取り込まれたことによる炎症反応だと考えると、よく考えたら怖い病気だなと思いました

今では、妊娠時の歯肉炎が早産や低体重児出産のリスクを増加させることや、歯周病に

なると心臓病や呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいこともわかってきています。

ですが、まだまだ一般的な知識としては浸透していないように思えます。ハミガキが上手にできると全身の健康にも効果があることなども、分かりやすくお伝えすることで、少しでものぶしまの皆さんの歯の健康のお手伝いができるように頑張っていきたいと思っています。

2017年06月23日

こんにちは。

受付業務をしている田辺です。

6月20日に日本電信電話ユーザー協会主催のビジネス電話応対1日講習会に

参加してまいりました。

「応対次第で」でその会社を判断されてしまう事は

わかっているつもりでも

必要以上に気を付けなければ、と改めて思いました。

2017年06月21日

日本臨床矯正歯科医会平成28年度通常総会6月例会が

今月6月7日8日大阪メルパルクホテルにて開催されました。

担当ドクターの委員会プログラムおよびスタッフプログラムが2日間通して行われ

当院からは院長と衛生士一人が参加いたしました。

写真は大会案内及びプログラム風景です。




« 2017年02月 (1) | メイン | 2017年07月 (3) »

のぶしま矯正歯科/理事長兼院長/延島 ひろみ
のぶしま矯正歯科
http://nob-ortho.or.jp/
理事長兼院長/延島 ひろみ
日本矯正歯科学会 理事

東京歯科大学卒業
博士(歯学) DDS, Ph.D
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会認定医

世界矯正歯科連盟(WFO)会員
アメリカ矯正歯科医会 会員
日本臨床矯正歯科医会 会員
日本成人矯正歯科学会 会員
Bioprogressive Study Club 会員
日本口蓋裂学会 会員
日本歯科審美学会 会員
東京矯正歯科学会 会員
日本歯科医師会 会員
埼玉県歯科医師会 会員
蕨戸田歯科医師会 会員
蕨市学校歯科医会 副部長
蕨市立西小学校 校医